So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

留学エンジニアリング終了 [最後に ...]

今日で学校が終了した。

語学の習得を目的に留学を決めたのだが、
それ以上に得るものは多かった。

日本では感じることができなかったことが、
世界各国の人と交流することによって、
いろいろと体験できたのだ。

励みになったものもあるし、
逆に自信を失ったときもある。

日本のすごさを感じることもできたし、
自分の考えを再確認する機会も多かった。

ただ、どれ1つとして
ネガティブに働くようなものはない。

英語を勉強している人は、
世界中にいる。
本当にたくさんいる。

さまざまな場所で、
それぞれのレベルアップを目指している。

少しぐらい英語が片言であっても
コミュニケーションが取れれば
基本的には問題ないと思う。

やはり、英語はコミュニケーションのツールだ。

英語の勉強は続けようと思う。

英語の勉強が嫌になれば、
少し時間をおけば良いことである。
24時間、365日、がんばり続ける必要はない。

好きでやっていることだし、
「自然:80%、無理:20%」
ぐらいでやるのがよいと思う。

やはり、多少の無理は必要であろう。

最後になったが、今回の留学では、
妻の理解、会社の人やホストファミリーの協力、
友人や現地での出会った人々など、
多くの人の助けや応援があった。
この場を借りてお礼を申し上げたい。


これで議事録も終了だ。



よそ行き用の英語 [ひとこと/イギリス]

土曜日にディナーパーティに招待されている。
イギリスの関連会社主催だ。

そこで、パーティ用の基本的な会話を
練習することになった。

これが結構複雑だ。
日本でいう遠い言い回しがかなりあるのだ。

説明を受ければ理解できるが、
その場で即解釈することは不可能に近い。

さらに決まった受け答えをする場面も多い。

 "I really must be going."

 「これは自分がまだ帰らなくてよいかどうかを
  確認しているセリフだ。」

といわれても、あまりピンとこない。

これで相手の反応を見るらしい。
しかも、自分が帰りたい時間の最低30分前に
このセリフをいうというのだ。

土曜日は大変なことになりそうだ。

今日、改めて確信した。


いつになったら英語が話せるのか? [ひとこと/イギリス]

英語を勉強して長い人もいるだろう。

正直、高校を卒業してから
この留学をスタートするまで
本格的に英語を勉強しなかった。

この3ヶ月間で自分で感じる上達度が
小さいものであるとすれば、
逆にいうと、
3ヶ月ではそれだけしか上達しない、
ということだ。

確かに大きな上達を感じることはできない。

もともとの英語力が
自分が思っていたより
かなり低かったのも原因であろう。

理想としていたレベルと
現実のレベルに
はじめから相当の差があったのだ。

なのでほんの少しの上達では、
満足できないのである。

では、あとどのくらいすれば
英語が話せるようになるのか。

突然、覚醒するはずもない。

正直なところ、
いまの生活をあと3ヶ月続ければ、
それなりのところまでいくような気はする。

ただ、この後日本に帰ってからどうだろうか?
おそらく、もっと時間がかかるのだろう。

最終週に来て、
ようやくスタートラインに立ったかな、
という感じである。

もう少しがんばって、
良いスタートがきれるようにしよう。


シェークスピア劇場 ~Swan Theatre~ [イベント/イギリス]

シェークスピア劇場に行き、

「A Midsummer Night's Dream」

という演劇を鑑賞した


スワン・シアター〔Swan Theatre〕

3時間と長丁場であるが
退屈せずに見ることができた。


スワン・シアター入口

劇場は本当に小さく、
ステージは5m×5m程度のものだ。


ステージ

常時5名程度の役者が
演じているので、さらに小さく感じる。

しかも観客席とステージは直結しているので、
かなり間近で劇を見ることになる。


観客席

はっきりいって、
内容は全くわからなかったが、
コメディっぽいシーンもあり、
一瞬だが理解できる場面もあった。

文化を感じるというところまではいかないが、
雰囲気は十分楽しめた。


日本人が英語を話せない理由 [ひとこと/イギリス]

先週から個人レッスンが始まったのだが、
先生がかなりいい感じのオタク系である。

ふとしたことから、
なぜ日本人が英語を話せないか、
という話題になった。

そのオタク先生によると、
次のような考察となる。

 「英語に対する能力は3つのパートからなる。

   1. 現在使用している能力
   2. 過去に蓄積された能力
   3. グレーゾーン
  

  基本的には、蓄積された能力がベースになければ、
  英語の上達はありえない。
  日本人とヨーロッパ人を比べると、
  1と2は同じ程度の能力だ。

  
  ところが、3の "グレーゾーン" が問題だ。

  グレーゾーンとは、
   "この単語の意味は、こういう意味かなぁ"、
  と想像する能力である。

  ヨーロッパ人は、
  英語と母国語が似ているところがあるので、
  何らかの想像がつく場合が多い。

  しかも、想像で英語が話せるほど
  非常に大きなグレーゾーンが存在するのだ。

  日本語は英語と全く異なる言語なので、
  このグレーゾーンがないのだ。

  そう、"ゼロ" なのだ。

  これは非常に大きなハンディである。

  数値的に述べてみると、

   " 1,000 対 0 "

  ぐらいの差がある。

  だから、
  日本人が英語を読んだり聞けたりしても、
  英語を話すことは難しい。」

理由の1つとして考えられると思うが、
せめて、" 100 対 1 " ぐらいであればなぁ..。



ロンドン 〔London〕 [イベント/イギリス]

今週末は、ロンドンに来ている。
久しぶりに都会に来た感じだ。

さすがに世界の大都市のひとつなので
街も大きく、人も多い。

しかも、今日はワールドカップで
イングランドの試合があったので、
街中のテンションが高い。


セイントポール大聖堂 (St.Paul's Cathedral)


ロンドン塔(Tower of London)


タワー・ブリッジ(Tower Bridge)


ロンドン・アイ(London Eye)


ロンドンの街並み(Marylebone駅周辺)


自然史博物館(Natural History Museum)


ロイヤルオペラ座(Royal Opera House)


地下鉄(Tube)


バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)


ビッグベン(Big Ben)


ウェストミンスター(Westminister)


ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)


ピカデリー・サーカス周辺

ロンドンは、伝統を守りながらも
少しずつ変わわりつつある、
そんな雰囲気が感じられる街だ。

驚いたことは、
街角のいたるところに
監視カメラが設置されていることだ。
その数は半端ではなく、
これでもか、というぐらいの数だ。

テロの影響だそうだ。

友人から、

 「ロンドンはおしゃれな街だから、
  髪を切っても大丈夫じゃない?」

と言われていたので、
一応、店をチラ見をしてみた。

が、店内に "赤いモヒカン" がいたので、
ためらってしまった。

赤いのはなぁ..。

最後のチャンスを逃した気がする。


各国の人と交流してみて.. [ひとこと/イギリス]

日本でも"グローバル化"が話題となっている。

ビジネスが日本だけではなく、
世界を舞台に繰り広げられるためである。

しかし、"グローバル化"という言葉の捉え方が、
ヨーロッパでは少し違うような気がする。

日本ではビジネスの市場が世界中に広がっていくことを
"グローバル化" と呼んでいる傾向がある。

もちろんヨーロッパでも
同じような意味合いで使われるのであるが、
もう少し違った意味合いも存在する。

ヨーロッパの人々は、
他の国の人が自分の会社の同僚で、
しかもその人たちと一緒に仕事をする
という現実があるのだ。

自分の上司や部下が外国人で、
しかもお客がまた違う外国人、
そして親会社はまた違う外国の会社、
というのが珍しくない。

世界中で頻繁に行われている
買収や合併による影響であろう。

そうすると、

"相手の文化を理解する"

ということを必然的に要求されるのだ。

この点を含めて
"グローバル化" と呼んでいることが多い。

本来の業務にプラスして
コミュニケーション能力が問われるのだ。
やはり、かなり気を使うことも多いようである。

日本も近い将来、
そういう日が来るかもしれない。


日本人の器用さ [ひとこと/イギリス]

世界各国の人と接していて、
日本人について考えるさせられることが多い。

いまは英語を勉強しているだけに、
コミュニケーション能力について、
いろいろと考えてしまう。

結論からいうと、
日本人はすごいと思う。

コミュニケーション能力に優れている、
ということではない。

むしろ、かなり大きな語学の壁があるのに、
よく世界各国とやってるなという感じである。

おとなしく、強い自己主張もない、
反対もせず温厚である、
と思われがちであり、
自己表現も決して上手ではない。

こういった状況下でも、
時間をかけても相手のことを理解するという姿勢が
評価されているのではないだろうか。

他人の意図を汲み取るという点においては、
ピカイチの器用さなのであろう。

しかしその反面、
外国人で日本に関して正確に把握している人は
そう多くはないように感じる。

日本に対する先入観や間違った情報が多く、

 「休みもなく毎日残業して働いてる。」
 「日本は何でも高い。」

というトーンで見られることが多い。

おそらく、他の国の人にとっては、
日本人と接触する機会がまだまだ少なく、
最近の日本の様子が
タイムリーに伝わらないのであろう。

こちらの新聞の一面に日本の記事が載ったり、
テレビで日本のことを放送しているのを見ると、
あらためて日本のすごさを実感するのだ。


英語が好むことと嫌うこと [ひとこと/イギリス]

英語という言語が好むことと嫌うことがある。

英語が好むのは行動(アクション)である。

例を挙げてみる。

「昨日、演劇に行った」というのを英語で言うと、

 ○ 1. I went to the theatre yesterday.

 × 2. I were in the theatre yesterday.

なのだ。

文法的にも意味合い的にも2は正しいのであるが、
英語では使わない。

フランス語やドイツ語では使用する形だ。

なぜか?

1は "went" を使って、「行った」というアクションで表現している。

2は "were in" を使って、「居た」という状況で表現している。

そう、英語はアクションを好むのだ。

反対に嫌うこともある。

文章が長くなることと繰り返すことだ。

文章は極力短く、
そして他人の言葉を繰り返すことは少ない。

そうすることにより、
人の話をちゃんと聞いていることを
表現できるからだ。

ほんの少し言い回しを変えたり、
自分の意見を入れたりして、
会話を広げていくのだ。

そんなに難しくはない。
相手の質問を別の言葉を使って
確認するように心がければよいのだ。

相手も、自分の意見を聞いてくれている
と感じられるので好感度が高い。

なかなか実践するのは難しいが、
セリフがネイティブっぽくなるので気持ちが良い。


日本語の宿命 [ひとこと/イギリス]

ドイツ人に聞いてみた。

 「実は、ドイツ人にとって英語を話すのは簡単?」

そうすると、

 「おそらく、日本人が考えているよりも
  はるかに簡単だと思う。」

という答えが返ってきた。

やっぱりそうか、という感じである。

彼らにとって英語を話すということは、
単語を言い換えるだけの作業に近いらしい。

根本的なところで似ているものがあるのだろう。

先生の指摘も、他の国の生徒には、

 「○○語ではそうだろうが、英語では××だ。」

といった具合に指摘をする。

ところが、僕に対しては、

 「英語ではそういう言い方はしない。」

といった指摘が多い。

文法上は全く問題ないのであるが、
言葉のニュアンスや言い回しにおいて
違和感があることが多いというのだ。

おそらく、日本語と英語が
全く別の次元の言語であるためであろう。

これには、これといった解決方法がないようだ。

他の国の人に言わせると、

 「日本語では2,000文字(常用漢字)を操るのに、
  アルファベットの26文字が難しいなんて、
  信じられない。」

というのが正直なところらしい。

そして、スペイン人が真顔で聞いてきた。

 「2,000文字!?
  すごい文字数だね。
  キーボード、超でかくない?
  やっぱ、折りたたみ式?」


英語の種類 [ひとこと/イギリス]

先生が生徒の間違いを指摘するのであるが、

 「よくわかるな、言ってることが。」

という場面がしばしばある。

例えば、

 「僕が意味するのは...」

とドイツ人が言ったのを、

 「 "僕が思うのは" 、だろ。」

と的確に訂正する。

どうやら、国によって間違えるところは
決まっているらしく、
ドイツ人、フランス人、スペイン人が
よく指摘されている。

もちろん、日本人である僕もである。

僕がそこまで理解するのは無理であるが、
自分でも気づかないうちに
新たな技術が身についていることを発見した。

フランス語なまりの英語、
スペイン語なまりの英語、
ドイツ語なまりの英語が
わかるようになっていたのだ。

これまでは、どの英語を聞いても
全く同じであった。

ところが、DVDを観ていて、

 「あっ、こいつスペイン語なまりだ。」

とわかってしまったのだ。

すると、映画の見方や感じ方が違ったのだ。

なぜスペイン語なまりの配役なのか、
という理由を自分なりに解釈するためであろう。

ヒヤリングの上達とは全く関係ないが、
1ヶ月以上も各国の人と接していると、
全く予想もしなかった技術を習得したらしい。

そして思った。

「日本語なまりの英語は、
 どんな風に聞こえるのだろうか?」


ヒヤリングタイムとシンキングタイム [ひとこと/イギリス]

今週で5週目に入ったが、
なかなかヒヤリングが上達しない。

ストップしてしまったかのようである。

ただ、留学当初のころのような、
相手の話に対して、
全神経・全集中力を注ぐようなことはなくなった。

変な度胸がついたのだろう。

先生が、

 「まずはヒヤリングを充実させることが重要。
  話すのはそれからだ。」

といっていた。

 「会話での自分の持ち時間は限られる。
  よって、会話の中には時間配分が存在する。
  聞いて理解し、言葉を考えて話す、というのが基本動作だ。
  よって、英語のスピーキングを上達させるには、
  まずヒヤリングを上達させて、
  英語について考える時間を確保することだ。」

さらに、

 「日常会話で話題が自由なときは、
  スムースに話すことができる。
  しかし、議論するときにどうしても
  言葉につまり気味になってしまう。
  これは、話題について考える時間が
  英語について考える時間を失くしてしまうからだ。」

と。

確かに、議論をするときはそういった現象が起きる。

日常会話では、結構スムースに話していても、
議論のときはその内容について夢中になり、
英語について考える時間が後回しになってしまうのだ。

ダメ押しで、

 「学校内では、先生がゆっくりはっきりと
  わかりやすい言葉で話しているから理解できるが、
  いまの君たちのレベルでは、
  街に出たらおそらく全くわからないだろう。」

といったので、

 「どうすれば、ヒヤリングが上達するのか?」

と聞いてみると、

 「理解できなくても構わないので、
  1つの映画を繰り返し観なさい。
  もちろん、字幕なしで。」

という答えが返ってきた。

そうすると、ネイティブが話す英語に
慣れるのだそうだ。

聞いたことがある学習方法なので、
早速、DVDを買って試してみることにした。

先生のいうとおり、
自分の興味があるもので、
観やすそうなものを選んで購入した。

しかし、少し失敗したようだ。

アクションばかりで、
セリフが少なかったのだ。

ちょっと、まずかったかな..。


語学留学をする理由 [ひとこと/イギリス]

なぜ英語を勉強するのか
他の生徒に聞いてみた。

 「上司がドイツ人でスペイン語を話せないから。byチリ人」

 「3ヵ月後にロシアでプレゼンをしなければならないから。byスペイン人」

 「2年前に語学留学したけど、さらにステップアップしたいから。byドイツ人」

 「スペイン担当になったから。byイタリア人」

 「社内公用語が英語になったから。byチェコ人」

 「他の国の人と仕事をする機会が多いため。byフィンランド人」

 「お客がトルコ語を話せないから。byトルコ人」

 「彼女がシンガポールに勤めるので、自分も同行したいから。byドイツ人」

 「外資系のお客が多いから。byアンゴラ人」

 「ヨーロッパでフランス語が通じないから。byフランス人」

 「自分のスキルアップのため。語学が好きだから。byドイツ人」

 「子供が手を離れたので、自分のやりたいことをやることにした。byポーランド人」

 「親会社がドイツの会社なので。byスロバキア人」

 「スペイン語とイタリア語はなせるけど、英語はいまいちだから。byドイツ人」

 「イギリスに永住したいから。byチェコ人」

 「同僚が日本人で、英語しか通じないから。byハンガリー人」

 「英語が話せると格好いいと思ったから。byポーランド人」

 「上司に、語学留学を体験して来いといわれたから。byドイツ人」

男性、女性に関わらず、
そして年齢に関わらず、
さまざまな理由で英語を勉強している人がいる。

不思議と誰にもやらされ感がない。

現状が自分の望む状況でなくても、
限られた条件の中で
どうすれば充実した時間を作り出せるのか
という姿勢が見られる。

この前向き感、そして行動力は見習いたい。


夜のストラットフォード・アポン・エイヴォン [ひとこと/イギリス]

今日はずっと快晴で、気温も20℃近くあった。
初夏である。

ゆっくりとした1日を送ったので、
夜のストラットフォードを散策してみた。

10時ごろから暗くなり始め、
昼とは違った街並みをみせる。



シェークスピア劇場 ( Swan Theatre & Royal Shakespeare Theatre )



エイヴォン川 ( River Avon )



バンクロフト公園 ( Bancroft Gardens )



ストラットフォードのお店は、
パブやレストランを除いて、
5時きっかりに閉店となる。

しかも、すべてのお店がだ。

パブは12時近くまでやっているが、
人気のあるパブは混雑している。




パブやレストランの多い シープ通り ( Sheep Street )




ストラットフォードは、週末、いつも観光客で賑わう。



今日は、英語のことを忘れた1日であった。
久しぶりである。


たまにはいいだろう。


明日も天気が良さそうなので
うれしい。



車は左、人は右。 [ひとこと/イギリス]

イギリスを軽い冗談で皮肉るときに良く使われるのが、

 「だからイギリス人は左側を車で走るんだよ。」

というセリフがある。


ひと呼吸おいてから、

 「日本も左側通行だ。」

というと、

 「え゛ーーー、マジ!?」

といわれる。

どうやら相当なインパクトがあるらしい。

そして、日本が左側通行なのも、
よく知られていることではないらしい。

フランス人やドイツ人も
良くネタにされている。

フランスは独特の文化がある。
例えば、毎朝の挨拶にしても、
知り合いの生徒全員に握手を求める。

それが礼儀なのだ。

しかし、その国民性をネタにして、
話をつなげている場合が多々ある。

日本国内で例えると、大阪出身の人が、

 「大阪人は黙ってられへんねん!!」

といって、笑いをとるような感じだ。

その国の特徴を理解し、
嫌味なく軽い笑いにつなげるのだ。

これもヨーロッパ各国が地理的に近く、
たくさんの人々が行き来し、
そういった会話が日々なされるのだろう。

いずれにしても、話のオチは必要である。


日本人を発見? [ひとこと/イギリス]

自分の中で、些細なことであるが、

 「あっ、こういうところが日本人だ。」

と思うことがしばしばある。

列挙してみると、

 ・場の空気を読む(読みすぎ?)
 ・自分の意見がない(協調性がある?)
 ・すぐ情報を欲しがる(好き嫌いがない?)
 ・人ごみに慣れている(自慢できない?)
 ・沈黙に慣れている(英語が話せない?)

などである。

日本にいるときは感じなかったが、
外国に来て感じるようになった。

自分にとっては、新たな発見である。

ただ、あくまでも他の国の人と比較してのことで、
良いとか悪いとかではない。

単に、そうすることで心地よいのだ。

おそらく日本に帰って日本人と話すときには、
また新たに感じることが出てくるであろう。

他の国の人と話すときには、
特に注意しなければならないこともある。

僕が感じたのは、
自分の考えを人に伝えるときには、
当たり前のことでもはっきりと
言葉にして伝える必要がある、
ということだ。

「はい」や「いいえ」だけでは伝わらない場合が多く、
「どっち?」と確認される場合が多い。

あうんの呼吸というものは存在せず、
やり取りがなくて意思疎通ができた場合は、
たまたま意見があった、感覚が似ていた、
というに過ぎない。

少々誤解を招きそうなので、
もう少し正確に書くことにする。

おそらく日本でいう常識はどの国に行っても
通用すると思われる。

人を思いやる心、細やかな気遣い、
どれもすばらしいものがある。

感覚的に大きな違いを感じる場面は
さほど多くなく、
基本的に同じ感覚を持っていると思う。

そういう意味では、国が違っても
あうんの呼吸は存在する。

ひとことふたことで
お互いを理解できる場合も多い。

また、自分の国について、

 「これは少し変だよなぁ..。」

と思われることは、
どの国の人も自覚しているものである。

ただ、微妙な感覚が違うときがあるので、
お互いわかっていることも確認する必要があるのだ。

普段からいろいろな国の人と一緒に仕事をしている人は、
これをスマートにこなす。

シンプルで格好いい。

見習いたいものである。


英語の授業 3 [授業/イギリス]

午後からは、また別のグループディスカッションを行う。

議題は、先生から渡されるが、
ネゴシエーション(Negotiation)が多い。

ネゴシエーションとは、交渉のことである。

これも難しいことはない。

はじめに与えられた議題の内容を全員で確認する。

わからない単語などは、このときに聞くのだ。

具体的な例を挙げるてみる。

先日の議題は、

「君たちは古代人で、隣の村に住んでいます。
 物々交換の交渉をしてください。
 ただし、各村の今年の収穫物は違います。
 必要なものと数量を指示するので、
 作戦を練って、交渉をスタートしてください。」

であった。

簡単にいうと、

 「ジャガイモとキャベツを交換してくれ。」

という交渉をするのだ。

はじめに、各グループに分かれて交渉前の準備に入る。

 「今年のジャガイモのできはいいので
  それを売りにしよう。」

とか、

 「ミルクは絶対に手に入れなきゃダメだ。」

という内容を話すのだ。

準備が整ったら、早速交渉に入る。
ここでも国民性が出る。

直球の人もいるし、
やたらとまわりくどく交渉をする人もいる。

いずれにしても、交渉には理由が必要なわけで、
どうしてそう考えるのかを
相手に伝える必要があるのだ。

グループ内でも意見の相違があったりするが、
なんとかまとまるものである。

そして授業が終了し、
またフィードバックを行うのだ。

(フィードバックについては 5/29 の記事を参照して下さい。)

もちろん、重要なことは時間を割いて
こちらがわかるまで説明してくれる。

先生も長年の経験から、

 「日本人にはこれはわかりづらい。」

 「ドイツ語ではこういう言い方をする。」

など、良くある間違いは熟知しており、
的確なアドバイスをくれる。


学校の教室

とにかく1日しゃべりっぱなしなので、
授業終了後は、無口になるときもある。

そして、ホームステイ先に帰って、

 「今日はどうだった?」

と必ず聞かれ、

 「もちろん、最高。」

と答えて1日が終了する。


英語の授業 2 [授業/イギリス]

ストラットフォードでの授業の様子を
もう少し詳しく書いてみる。

今回は、グループレッスンについて紹介し、
個人レッスンについては、また後日書くことにする。

ボストンでの授業とかなり違うので、
4/21~4/26の記事と比較してもらうと
わかりやすいと思う。

ストラットフォードでの授業は
次のようなスケジュールである。

  9:15 - 10:45 グループディスカッション 1
 11:00 - 11:30 自主予習
 11:30 - 12:30 フィードバック学習

 12:30 - 1:45 昼休

  1:45 - 3:00 グループディスカッション 2
  3:15 - 4:45 グループディスカッション 2
        フィードバック学習

午前中のクラスと午後のクラスは別のクラスである。
午後は個人レッスンの人もいるため、
クラス編成が違うのだ。
もちろん、それに伴って先生も変わる。

僕のクラスは、

イタリア人、トルコ人、スペイン人、
スロバキア人、アンゴラ人
と一緒である。

まずはじめに、グループディスカッションを行う。

その日の担当生徒が決まっており、
その生徒が議論する内容を決める。

議題、その議題に関する背景・情報などを
他の生徒に説明し、議論を進めていくのだ。

当然、司会はその生徒が行う。

こう書くと、かなり高度な内容なものを
議論している感じであるが、
そうではない。

先日の議論は、こんな感じである。

 「サッカークラブのオーナーで、
  チームを強くしたいが、どうしたら良いか?」

というのが議題であった。

役割を決めて、
 オーナー、スポンサー、選手、サポーター
になりきり、クラブの将来を語るのだ。

もちろん、自分の仕事のトラブルを題材にしても良い。

議論が進むにつれて、
日本人であれば、

 「この辺りが落としどころでしょ。」

と思うところでも、そうは簡単にはいかない。

言葉が悪いが、やっぱりお金が大事、という人もいるし、
夢が大事、という人もいる。

それぞれ譲れないことが違うのだ。

しかし、そこは大人なので、
なんとか合意に達する。
時間にして1時間30分ぐらいだ。

そして、休憩後に、
先生がフィードバックを行うのである。

(フィードバックについては 5/29 の記事を参照して下さい。)

あしたにつづく


英語の授業 1 ~フィードバック~ [授業/イギリス]

イギリスに来て3週間が経った。

アメリカの語学学校とイギリスの語学学校を比較してみる。

基本的には同じであるが、
イギリスの学校では宿題がなく、
次の日にディスカッションする内容を
考えていく程度だ。

こちらでは、

「英語はあくまでも
 コミュニケーションのツールだ。」

という考え方が徹底している。

もちろん、ビジネス英語は
より高いレベルの英語を要求される。

日本でも敬語があるように、
英語にも独特の言い回しがある。

その学習も必要であるが、
最低限のコミュニケーションを
取れるようでなければいけない、
という考え方だ。

なので、イギリスの学校では
しゃべりっぱなしである。
文法も勉強していない。

イギリスの学校も、アメリカの学校も目的は同じで、
基本的には同じようなやり方である。

が、僕の通っていた学校においては、
ひとつだけ大きく違うことがあった。

イギリスの学校は、

 "フィードバック"

と称するものが存在する。

先生が、生徒の発言でおかしいと
思ったものを書きとめ、
生徒全員であとで確認するというものだ。

つまり、生徒たちが議論しているとき、
先生は必死になって生徒の発言を書きとめ、
議論終了後、それを生徒に配って、
間違っているところを訂正するのだ。

大変な作業であるが、
どの先生もきっちりとやっている。

生徒が発言に集中し、
文法や言い回しに気をとられることなく
発言しているときは、
同じような間違いをおこしがちであり、
さらに良く使うセリフと思われるので、
それからまず直していこう、
という方法だ。

これが、思った以上に効く。

いかに自分が同じような間違いをしているのか、
とんでもない言い回しを使っているのかが、
認識できるのである。

さらに、人間なので、

 「同じ間違いをすると、恥ずかしい。」

という見栄から、気をつけるようになるのだ。

毎週末にアンケートがあり、

 ・授業のすすめ方について
 ・教え方について
 ・次に習いたいこと

などを聞かれるのだが、

 「フィードバックだけは続けてくれ。」

と回答している。

------------------------------------------

 ※あくまでも僕が通っていた学校の比較です。
  教え方については、各学校によると思います。


妙な連帯感 [ひとこと/イギリス]

英語が苦手もの同士、妙な連帯感が生まれる。

語学学校では、語学力のレベルはさまざまで、
ハイレベルの人もいるし、"そうでない人"もいる。

僕ももれなく"そうでない人"に属している。

これは、

 「個人の英語力」+「日本語という言語の特徴」

だと思っている。

やはり、他の国の人にとっては、
日本人の英語は特徴があるようで、
僕が意見を言うときは、
他の人は身を乗り出して理解しようとしている。

言い回しも含めて、かなり妙な感じなのであろう。

しかし、出来の悪いもの同士は、
妙な連帯感ができ、仲良くなるものである。

連帯感が生まれると、
次にすることは、褒めあうことだ。

これは、非常に笑える。

 「自分、英語できるじゃん。
  俺、同じクラスではお前の英語しか
  完璧に理解できないよ。」

 「うそー、十分理解してるじゃん、他の人英語も。」

と、取ってつけたかのような会話がなされるのだ。

しかも、上手に表現できないので、
英単語会話になるのだ。

個人的には、
こういった連帯感は必要ではないかと考える。

よく先生が言うのが、

 「環境も違って、言葉も違って、
  しかも、数十年慣れ親しんだ母国語とは違う
  言語をマスターしろ、
  ということ自体に難しいものがある。」

と。

その通りだと思う。

なので、自分が感じたままの状況や
なるようにしかならないなぁという感覚は
当たり前のことではないかと思うのである。

その中で連帯感が生まれ、
慰めあったとしても
それを自覚していれば問題はないと思う。

上手にペースをつかむことが重要なのであろう。


オックスフォードでリスニングテスト? [イベント/イギリス]

オックスフォードに行ってきた。
歴史を感じさせる建物がたくさんあり、
街並みは美しい。


まずは、カバード・マーケットに行ってみた。
文字通り「屋根のある商店街」で、
小さい店がひしめき合っているような感じだ。
たくさんの地元の人が買い物をしていた。


カバード・マーケット

肉屋、魚屋、花屋などたくさんのお店がある。


肉屋


映画「ハリーポッター」で撮影に使用された
オックスフォード大学内にある
クライスト・チャーチ(教会)にも行ってみた。


クライスト・チャーチ


通りは多くの観光客でいっぱいであり、


バスが非常に多く、
狭い道路を走り抜けていた。


ベンツのバス



帰りのバスは、女子中学生と思われる
20名程度の団体と乗り合わせることになった。

僕は疲れて眠っていたのであるが、
ふとしたことで起きた。

そうすると女子中学生の1人が、

 「隣に座っていいか?」

と尋ねてきたので、

 「構わない。」

と答えた。

気がつくと、バスは満員だったのだ。

本当に眠かったので、
また眠りに入ったのであるが、
周りの女子中学生たちが
ざわざわと騒ぎ出したのだ。

どうやら、

 「僕に何かいたずらしろ。」

とっているらしい。

隣の女子中学生は、

 「できない、できない。」(=I can't!! Can't!!)

と必死に訴えていた。

いったい何を言っているのか気になったので、
少し寝たふりをして聞いてみたところ、

 「カーブで、もたれ掛かれ!! (僕に)」

というような内容らしい。

僕が英語を理解できないと思っているらしく、
かなり大胆に話しあっていた。

以前の僕であれば、
彼女たちの話している内容は
全くわからなかっただろうが、
今回は多少理解することができた。


この年齢で、しかもイギリスで
女子中学生にからかわれて、
英語のヒヤリングの上達度を知ることになるとは..。


う~ん、複雑..。



ホストファミリーの考え方 [ひとこと/イギリス]

ボストンでもストラットフォードでも
ホストファミリーは、
これまでに100名以上の生徒を受け入れていた。

大変な数である。

 「どうしてそんなに生徒を受け入れるのか?」

と、聞いたことがある。

主な理由としては、
子供が手を離れ、少しさみしくなったので、
留学生を受け入れることにした、
というのがきっかけのようだ。

そして、はじめのころに良い生徒にめぐり合い、
本当に良い体験をしたと感じたため、
継続しているというのだ。

また、さまざまな国の人と会えるのも、
貴重な財産だと考えているようだ。

当然、ホストファミリーには
学校からいくらかの報酬が支払われるわけであるが、
おそらく十分ではないと思われる。

やはりおもてなしする以上、
何かと力が入るし、
小さなことの積み重ねで
いろいろな出費がかさむからだ。

それでも、新しい生徒を受け入れることに
自分たちなりの意義を見出し、
継続しているのだ。

こういう人たちのおかげで
自分たちは安心して留学もできるし、
また新たな経験を積み重ねることができるのだ。

本当にありがたい。

時間的、スペース的な制約も含めて、
日本で留学生を受け入れるまではいかないが
留学を希望している人たちの
助けになることがあればと思う。

このブログを立ち上げたのも、
それがひとつの理由である。

自分が気になっていた小さなことを
ブログに書くことによって、
それが達成できればと思っている。


お気楽思考 [ひとこと/イギリス]

英語を正確に話さなくても、
また英単語のみを話しても
コミュニケーションがとれる。

英語はそれほど簡単な言語だということだ。

ただ、ネイティブになるのが難しいのも事実である。

語学留学をして思うのであるが、
いかに自分のモチベーションを高め、
維持するのが難しいかを感じることが多い。

英語の上達を感じることがなかなか難しいので、

 「数ヶ月での習得は無理かなぁ..。」

 「これから英語を話さなくても、
  困ることはないかな。」

 「日本に帰ったら、
  すぐ忘れるんだろうなぁ..。」

など、ネガティブな考えがすぐ浮かぶ。

自分が描いていた理想と現実のギャップに
大きな差があるからだ。

なので、いかにポジティブを保つかが
必要となるときがある。

本当に些細なことでかまわない。
きっかけさえ上手く見つければ
それなりにコントロールすることができると思う。

例えば、

 「昨日教えた単語を使ってるね。うれしいよ。」

と先生に言われたり、

 「英語、少し上達したんじゃないの?」

と他の生徒に踊らされたりすると、

 「もうちょっとがんばってみるか!?」

という気持ちになる。

お店で、割り勘にしたい、というのを

 「We would like to split.」

「シェア」よりも「スプリット」を良く使う
なんていう小ネタを知ったときも
なんだかうれしくなる。

他人から見れば本当に些細なことだ。

しかし、もっと些細なことで、
容易にネガティブになることができる。

たった一つの単語を間違えただけでも、

 「やっぱりダメかな。」

と思ってしまう。

スキルアップを目指すためには、

 "ポジティブ思考"

は必要なことなのだろう。

ただ、ずっと全開では続かないので、

 "お気楽思考"

でいこうと思う。



学校帰り、気分転換に散歩を


携帯電話 [ひとこと/イギリス]

国際携帯電話を持ってきている。

便利な世の中である。


ホストファミリーの家の電話

ここはヨーロッパ各地からの留学生が多いが、
みんな携帯電話を持っている。

各国同士が近いので、
まるで国内にいるかのように
普通に携帯で話している。

時差もほとんどないからであろう。

自分の携帯電話だけかもしれないが、
非常につながりにくいときがある。

さらに、音質も非常に悪い。

よって、メールに頼らざるを得ないときが多い。
もちろん日本とは時差が8時間あるので、
メールの方が都合が良いときがある。

携帯でメールをチェックする様子は全世界共通だが、
日本人のようにハマっている姿は見受けられない。

それよりも電話で話している人の方が断然多い。

面白いのが、携帯で話すときは、
母国語を話すことが多いため、
キャラクターが変わる生徒がいる。

 「あれっ、そういう人だったの?」

という人もいるし、

 「彼女と話してるんだろうなぁ。」

とわかりやすい人もいる。

おそらく、他の人から見たら僕もそうであろう。

たまに、

 「日本語を話してみてくれ。」

といわれることがある。

「乾杯」「おはよう」などを良く聞かれるが、
やはり覚えるのは難しいようだ。

今週が最後の週になるスペイン人がこういっていた。

 「やっぱ、俺にはスペイン語だよ。
  週末に復活するよ。」

本当にうれしそうに、

 「 I back Spain this weekend, great!! I'm rearl Spanish. 」

片言の英語で自慢げにいっていた。


普段の食事 [ひとこと/イギリス]

普段、朝食・夕食はホストファミリーと一緒にとる。
朝食は朝8時から、夕食は夜7時からと決まっている。
朝食は15分、夕食は1時間ぐらいである。

ホストファミリー夫婦2人と、
ホームステイ中の2人の合わせて
4人で食事をする。

必ず4人で食事、というわけでもなく、
個人のスケジュールが優先だ。

ホストファミリーは働いているので、
朝食はバラバラでとることが多い。

食事は、いろいろと工夫を凝らして、
こちらが飽きないようにしてくれている。
特に夕食はそうだ。

ただ、朝食は毎日同じメニューである。
ボストンでもストラットフォードでも同じだ。
少し飽きるかなぁと思ったが、
そうでもなかった。

ちなみに朝食メニューは、

 ボストン
   シリアルかパン、コーヒー
 
 ストラットフォード
   シリアル、トースト、紅茶



である。

料理がおいしくない、
という話をよく聞くが、
僕のホームステイ先は
かなりのグルメだと思われる。

そういう意味ではラッキーだ。

おいしいものもあるし、
おいしくないものもある。
1回の食事ですべてのメニューが全滅、
ということは決してない。

食事中は、学校の話をよくする。
冗談も多い。
気を使ってくれているのだ。

あとは、ホストファミリー一家の話や
イギリスの話が多い。

自分の国の話(日本の話)は、
こちらから切り出さないと
話題とならない。

おそらく、何を聞いていいのか、
向こうも分からないのであろう。

食事の量にも気を使ってもらっているようだ。
必ず、ちょっと多めに作っている。

当たり前といえばそれまでかもしれないが、
このあたりの気遣いもうれしい。

食事の時間は、貴重なコミュニケーションの時間である。

栄養満点、英語てんこ盛りだ。


散髪問題 [ひとこと/イギリス]

今日も雨である。


語学留学を始めて、
一度も散髪に行っていない。

2ヶ月以上散髪に行っていないことになる。

女性と違い、
男性の場合は伸びてくるとどうしようもない。

少しうっとうしいのだが、
こちらで散髪に行くべきかどうか、
非常に悩ましいところである。

サンフランシスコで留学している友人は、
耐えきれずに散髪に行ったらしく、

 「細部は当然説明しきれないので、
  1インチだけ、とお願いして切ってもらった。
  致命的な失敗はなかったものの微妙な感じが..。
  前髪はきっちりそろえられたし。」

と、これまたリスキーな回答をしてくれた。

まず第一に、自分がこうして欲しい、
ということが正しく伝わるかどうかが問題である。

さらに、どの店に入るかも問題である。

髪を切りに行ったとして、
万一失敗した場合に、

 「もう少し、短くしてもいいので、
  ごまかせませんかね?」

なんていう低姿勢のまま、
駆け引きができるかどうか、
これまた問題である。

妄想は膨らむ一方で、
どうしようもない。

この問題は解決の糸口が見つからず、
いまだ検討中である。

どうしたものか..。


服装に気を使って.. [ひとこと/イギリス]

今日、ストラットフォードに戻ってきた。
天気は悪い。雨だ。

ただ、空港で英語の文字を見たら、なぜかほっとした。
ドイツでは英語でのインフォメーションがほとんどない。


飛行機での軽食 ワールドカップも近づいてきた



ドイツでは久しぶりにスーツを着ていた。

留学中の服装について話してみよう。

語学留学中は、もちろんスーツを着ることはない。
ネクタイを締めることもない。

ボストンとストラットフォードで
語学留学を体験しているが、
服装に関しては大きな違いがあるような気がする。

僕はこれといっておしゃれな訳ではない。
どちらかというと、
短期間の語学留学だから
その期間を乗り切れればいい、
というタイプである。

さらに、現地の気候が分からなかったので、
その場で買い足せばいいかな、
と必要最小限の洋服しかもっていかなかった。

ボストンでは、
トレーナーにジーンズにスニーカーという
かなりラフな格好であったが、
通勤している地元のサラリーマンも
リラックスした格好だったので
あまり違和感は感じられなかった。

想像通りの展開であった。

ところがである。

ここストラットフォードでは、
そうはいかなかったのだ。

私服にも
ONとOFFがあるのだ。

つまり基本的には私服なのであるが、
平日学校があるときは
それなりにきれいな格好をしてくるのだ。

ジャケットやシャツを自分なりに着こなし、
おしゃれな格好をしてくるのだ。
ジーンズもおしゃれに着こなしている。

いま僕はスニーカーで通学しているが、
他にスニーカーをはいている人は1人もいない。

さすがの僕も初日に、

 「おや? ちょっと違うかな、俺..。」

という空気を感じざるを得なかった。

とはいうものの、買い物に行く時間もないし、
そう簡単におしゃれになれるわけもないので、
1週間耐えることにした。

週末に買い物に行き、
何とかそれなりに見られるようにしたが、
これは予想外の展開だった。

生徒に社会人が多く、
年配の人が多いことも関係していると思われるが、
ヨーロッパの人はこだわりがあるようだ。

こっそりチェックしてみたが、
休日にはスニーカーを履いていた。

 「俺って、日本のファッションレベルを
  落としてるんだろうなぁ..。」

と思いつつも、明日もスニーカーで通学だ。


ひとりの時間 [ひとこと/イギリス]

今日は土曜日なので、
フランクフルトの市内観光でも
しようかと思っていたが、
あいにくの雨だ。


それでもがんばって外出してみたが、
風は強いし、雨は強くなる一方だった。


街並みはきれいであるが、
イギリスと比べて、質素ではあるが、
背の高い建物が多い。


メルセデス・ベンツの建物

直線美が上手く表現されていて、
色使いがきれいで、モダンな感じがした。


ゲーテの生家

ぐるりと要所を観光したあと、
ホテルに帰ってきてしまった。

今日は、特段英語も話すことなく
1日が終了してしまった。

ボストンでも

 「今日は英語も日本語も話したくないなぁ。」

という日があったので、
久しぶりのひと休みだ。

どこかしら緊張しているのだろう。
ひとりになる時間が欲しくなるときがある。

でも、夕食はどこかに出かけよう。


フランクフルトで実践スタート? [イベント/イギリス]

実は、昨日から4日間、
ドイツ・フランクフルトに
展示会の視察に来ている。

久しぶりの仕事である。



この展示会場は非常に大きく、
世界でもトップクラスの大きさだ。
東京ビッグサイトの3倍はありそうだ。


ドイツはもちろん世界各国のメーカーが来ているので、
これまでの学習の成果を
試してみるには絶好の機会だ。

しかも、英語圏外の国で、
英語が母国語ではない人たちと話すのだ。

はじめは、

 「どうなるのだろう?」

という不安があったが、
ここまで来てしまったからには、
どうすることもできない。

思い切って、
メーカーの人に話しかけてみた。

当たり前なのであるが、
こちらがお客さんになるので、
相手の対応は丁寧である。

分かりやすくゆっくりと話してくれた。

こちらの言いたいことも理解してくれたので、

 「おっ、なんとかなりそう。」

と思ってしまった。

これまでの英語学習の成果が出た、
とは感じなかったが、
難しい専門用語などを知らなくても、
コミュニケーションは取れることが確認できた。

これは小さな自信につながった。

調子に乗って、別のメーカーの人に話しかけたら、

 「悪い、日本はターゲットにしてないんだよ。」

といわれてしまった。

現実は厳しい..。


習慣を捨てる難しさ [ひとこと/イギリス]

ドイツ人の生徒が、僕にこうコメントした。

 「お前はもっと話すべきだ。
  確かに日本人は、穏やかなのは知っているし、
  習慣を変えることがいかに難しいかも知っている。
  しかし、いまはとにかく話すことしか
  上達の術がないのだからもっと話すべきだ。」

と。そして、

 「語学留学をしているのだから、
  その期間中だけでも積極的に話すべきだし、
  それが周囲の人たちの英語の勉強にもなる。」

と続けた。

確かに自分でも、

 「もう少し話した方がいいかなぁ。」

と感じる場面が何回かあったが、
前にも書いたように、これが結構難しい。

気遅れするというよりは、
話に入るには、人の話をさえぎって
会話に参加しなければならないからだ。

 「日本人やフィンランド人が穏やかで、
  なかなか話さないのは文化なのだから、
  それをマイナス評価するのはおかしい。
  話す機会を与えれば話すことはできるし、
  それよりも、ちゃんとコミュニケーションが
  取れているかどうかを評価するべきだ。」

と先生が言っていたが、
これはまた別問題かもしれない。

ただ、自分が話すことによって、
周りの人の勉強になるという点に関しては、
同感である。

残りの数週間の過ごし方を
考えさせられるものがあった。

もう少しだけ、がんばろう。


前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。